リフォームローンとは

住宅を増築したり、一部をリフォームしたりする際にかかる費用を借りたい場合、リフォームローンというローンがあります。リフォーム費用の全額を用意できないような場合や、分割払いにしたいような場合など、金額が大きいのでローンを組むわけです。使っていれば家であっても壊れたり使い勝手が悪くなっていったりします。およそ10年に一度程度、リフォームなどが発生するようです。リフォームをする場所はケースバイケースですが、屋根のふき替え、畳の交換、風呂設備の取替え、外壁の塗り替えと言ったものが多いようです。費用面でも、10万円程度ですむような比較的小さなものから、時に100万円を超えるようなリフォームとなることもあります。リフォームであっても高額な費用が発生するような場合であれば、ローンを使いたいという需要が出てきます。住宅が古くなるような場合以外でも、生活スタイルの変化によってリフォームが必要となる場合もあります。例えば、水回りの設備を改修したいといった要望や、家族数の変化に伴って間取りを変えたいといったものが出てくるわけです。足腰の弱いお年寄りがいるようになれば、水回りや階段などにバリアフリーの工事をしたいというようなケースもよく見られます。キッチンの設備を変えたり、間取りの変更等は、場合によって数百万かかる事もあります。住宅ローンを借りるときとは違い、リフォームローンで借りる額は少なくなります。大きな支払いとなるため分割で工事代金を支払いたいような場合、リフォームローンが便利です。

リフォームローンの利点について

住宅ローンに比べて、リフォームローンには利点がいくつかあります。普通、リフォームローンの融資額は、貸し付けを行なっている金融会社によって差はあるとしても500万円ほどです。現在居住中の住宅をリフォームする場合であれば、リフォームローンを組む際の担保はその住宅だけでよく、ほかに担保を設定する必要はありません。住宅ローンの場合には、土地や家の担保の他にも保証人が必要になる場合がほとんどです。保証人になってくれる人がなかなかみつからずに大変な思いをする人も多く、保証人をつけなくてよいリフォームローンは借りやすく、便利に使えるローンだと言えます。その他の利点として、リフォームローンは融資が可能かどうかの審査にかかる時間が短いというものがあります。融資額が大きくなりがちな住宅ローンでは、ローンの審査そのものにかなりの時間がかかります。長い時間かかる審査が終わったと思ったら、結局お金を借りることができなかったというようなこともあるのです。この点、リフォームローンは審査が簡単で、早く終わります。審査が短い理由は、リフォームローンでの貸付額が少額なことに加えて、住宅という資産がすでにあるため信用が高いと見なされることがあります。リフォームローンの場合すでに家がある状態で、リフォームをするわけです。ローンで資金的な都合を付けることができれば、リフォーム工事をすぐに始められるというメリットもあります。住宅ローンは借りる前も借りた後もたいへんですが、リフォームローンは小回りがきき、利用しやすくなっています。

リフォームローンの金利

その他の一般のローン同様、リフォームローンにも金利がかかります。ローンを返済する当たっては、元本に加えて支払いをせねばなりません。リフォームローンの金利は、固定金利にするか変動金利にするかによって変わりますし、融資を受ける会社によってもさまざまに異なります。さまざまなローンと同じく、リフォームローンも銀行系の金融会社の方が一般の会社よりも金利が安いようです。最近は少しでも多くのお客様に使ってもらおうという事で、一般の金融会社もリフォームローンなどの金利が下がっている事もあるようです。リフォームローンにもさまざまなものが増えていますので、金利や申し込みやすさなどを事前に比べていくつか候補を出しておくことです。さらに、固定金利であるか変動金利であるかも大事な点です。固定型ローンの場合、金利は最初から最後まで一定で変わらないため、合計でどれぐらい返済することになるのかを簡単に知ることができます。返済総額が分かっているので、将来の計画が立てやすいというメリットがあります。変動金利のリフォームローンの場合、市中金利に応じてかかる金利が変化します。このため、金利は上がることも下がることもあり得ます。金利が下がれば返済額は少なくなります。変動型ローンの場合、初期の金利で返済をした時とは最終返済額が変化する可能性が高く、最終的にどれだけ返済すればいいかや途中の返済計画が見えにくいという欠点を持っています。金利をどうするかはリフォームローンを組むときの肝になりますので、よく調べてから選びましょう。